飯塚市観光ポータル

「綱分(つなわき)八幡宮」の創建は、神亀2年(725)と伝えられています。
宇美町「宇美八幡」、福岡市「筥崎宮」、飯塚市「大分八幡」、大分県宇佐市「宇佐神宮」と並ぶ由緒深い神社の一つです。

御祭神は応神天皇・仲哀天皇・神功皇后です。神功皇后は、三韓出兵からの帰途、現在の宇美町で応神天皇を出産されたと言われています。そして皇后は、豊前宇佐を目指す道の途中、金石山のふもとの金丸村(今の綱分付近)でお休みになられました。その時に、安産のおまじないとして産綱を分けてお祀りした事から、その土地を「綱分」と呼び、「綱分八幡宮」と名付けられたとされます。

2年に一度、10月第3土・日には福岡県指定無形民俗文化財となっている放生会御神幸祭が行われています。神楽や獅子舞、流鏑馬などが行われ、多くの参拝者で賑わいます。

御祭神:応神天皇、仲哀天皇、神功皇后
祭礼日:10月第2土曜日
境内社:貴船社、若宮、天満宮、須賀宮
由 緒:往古神功皇后、新羅より帰らせ給い、その年12月14日、粕屋郡蚊田(現、宇美)村にて誉田皇子(応神天皇)を生まし給ふ。
 明年辛巳歳春2月京に帰り上らせ給わんとて、皇子をたずさえ蚊田村より大口の峠を越させ給い、穂波郡に出させ給う。それより嘉麻郡にうつらせ給い、金石山の麓金丸村(現綱分)の清地に御輿をとどめさせ給ひ、皇后勅曰く、「吾この度三韓を隨え筑紫をおさむ、猶又婦女のただならぬ、身につつがなく皇子やすらかに生させ給う事偏に神の力なり。然れば此所に於て天神地祇を祭り報賽の幣帛を奉らん。」と則武内宿禰に命じて神祇を祭らせ給う。この時神霊となりし三振の宝剣その他種々の神宝又蚊田村にて、安産のまじないなればとて、槐の枝にかけ給ひし御産の綱を分て、この斎場に納めさせ給う(よって綱分の号ここに起こる)。
 かくて皇后群郷及百寮をひきいて京に帰り上らせ給う。それより御代々を経ぎ人皇45代聖武天皇神亀年中に至りて、郷人いにしへよりの伝説にもとずき八幡宮を祝い奉らんと宮所を定め、その地を改めしに三つの瓶を掘らせり。内に三振の宝剣(皇后神祇を祭らせ給いし時神霊となりし宝剣)あり、則八幡宮三所(応神天皇・仲哀天皇・神功皇后)の御神体として、初めて祝い祭り奉る綱分八幡宮是なり。

ジャンル観る イベント
名称綱分八幡宮(つなわきはちまんぐう)
住所福岡県飯塚市綱分866-1
電話番号0948-82-2069

33.63594355

130.7322265

33.63594355

130.7322265

0948-82-2069

http://kankou-iizuka.jp/images/topic/mapicon.png

綱分八幡宮(つなわきはちまんぐう)

福岡県飯塚市綱分866-1

http://kankou-iizuka.jp/img/topic/48_thumbnail.jpg

目的 キーワード

TOPIC

飯塚観光情報 観る >

観る

鹿毛馬神籠石(かけのうま こうごういし)
鹿毛馬神籠石は、鹿毛馬川に面した馬蹄型の丘陵地に形成された神籠石で、築造年代や目的については諸説ありますが、おおよそ7世紀頃(1400〜1300年前)に造られた古代の山城というのが一般的です。 通常は、神籠石は200メートルを越える高い場所に築かれる事が多いのですが、鹿毛馬神籠石は、30〜80メートルの低い丘陵地に築かれている事が特徴的です。列石は約1,800個もの切石が使われ、全長約2キロメートルに渉って土塁の腰石が形成されており、標高の低い場所に建てられており、谷部には暗渠式(あんきょしき)の水門が2ヵ所あります。水門跡の調査で、7世紀前半の須惠器甕破片(すえきかめはへん)が出土し、築造年代に手掛かりを与えました。 鹿毛馬神籠石は、昭和20年2月に約3万4302㎡が国の指定史跡に指定され、平成14年3月に追加指定を受け、総面積35万8238㎡となっています。 ■牧野神社 牧野神社(まきのじんじゃ)は昔、「鹿毛馬神籠石」(国指定史跡)の中に鎮座されていました。明治時代中期に焼失後、御神体は厳島神社に合祀されました。 【御祭神】 狹野尊(さぬのみこと/神武天皇の幼名) 大山積命(おほやまつみのみこと) 保食命(うけもちのみこと) 倉稲魂命(うかのみたまのみこと) ■由来 神武天皇が、狭野命(さぬのみこと)と申されていた時、豊前國の求菩提山を経由して鹿毛馬村を訪れ、山麓の野に多くの馬が群れていたのをご覧になり馬の牧(牧柵/牧場)を開かれたといいます。 以来、五月朔日から7日までの間、馬を使うことを禁止し、その間に大祭が執り行われていたそうですが、文暦元年(1234年)に牧が廃され、以後神社も荒廃するにしたがい元龜年間(1570〜1572年)に嚴嶋神社の相殿に合祀されました。 現在も「嘉麻郡の鎮守神」として鎮座しています。 また、鹿毛馬(かけのうま)の地名は、昔 鹿毛馬神籠石の周辺にあった馬の牧より、鹿毛(馬の毛色の一種)の良馬がでていたことに由来するといいます。 〜『筑前國續風土記』 〜 小堤山、古家山とて、いにしへ馬牧ありし所あり。四方に石垣を築廻(きずきめぐら)はせり。めぐり二十町許(あまり)あり。此れ牧より鹿毛の良馬出す事ありて、村の名とせしにや。 ■神籠石各地所在地 (国指定史跡) 名称 読み 所在地 指定年月日 おつぼ山神籠石 武雄市橘町小野原 昭和41年(1966)5月21日 帯隈山神籠石 おぶくまやま 佐賀市久保泉町川久保 昭和26年(1951)6月9日 女山神籠石 ぞやま みやま市瀬高町大草 昭和28年(1953)11月14日 高良山神籠石 こうらさん 久留米市御井町高良山 昭和28年(1953)11月14日 雷山神籠石 らいざん 前原市雷山 昭和7年(1932)3月25日 御所ヶ谷神籠石 ごしょがたに 行橋市津積 昭和28年(1953)11月14日 杷木神籠石 はき 朝倉市林田 昭和47年(1972)12月9日 唐原神籠石 とうばる 築上郡上毛町下唐原 平成17年(2005)3月2日 阿志岐城 あしき 筑紫野市阿志岐 平成11年(1999)

一般社団法人飯塚観光協会 〒820-0040 福岡県飯塚市吉原町6-1あいタウン2F
TEL : 0948-22-3511 FAX : 0948-22-2528

COPYRIGHT© Iizuka Tourism Association.